[ドローン] AED内蔵の救急救命ドローン Alec Momont

  2015/09/24

オランダのAlec Momontによって考案された、時速100kmで現場へ急行するAEDを内蔵したドローン。

救命ドローン1m.eltiempo.com/tecnosfera/novedades-tecnologia/drones-hasta-para-salvar-vidas/14809615/1

[用語]
・AED(自動体外式除細動器、Automated External Defibrillator)は、心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器。
・除細動は、不整脈に対しての治療の一つで、電気的な刺激や薬物等の外力によって異常な電気信号経路を遮断し、正常の電気信号経路への改善を促す方法。

救命ドローンwww.alecmomont.com/projects/dronesforgood

ヨーロッパでは毎年、80万人が心停止に陥り、そのうち生還するのはわずか8パーセントにすぎないという。その主な原因は、救命処置を受けられるまでに掛かる時間がおよそ10分であることに起因する。

脳の死・不可逆的なダメージは、心停止から4〜6分で始まる。また、仮に助かったとしても後遺症が残ってしまう事が多い。
(※緊急事態における経過時間と死亡率の関係を示した「カーラー曲線」によると心臓が停止してから3分が経過すると生存確率が50%になるとしている。)

ドローンにはライブカメラが内蔵され、オペレーターはカメラを通して救命に必要な指示を救助者に与える事が出来る。この救急ドローンは12平方キロメートル(半径1.95km)の範囲内であれば、1分以内にAEDを届ける事ができ、生存率8%を80%まで上げる事が出来るという。

出典
http://news.filehippo.com/2014/11/worlds-first-ambulance-drone/
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2811851/The-ambulance-drone-save-life-Flying-defibrillator-reach-speeds-60mph.html

ドローンとドクターヘリの値段比較 

救急ドローン 200万円(1.9万ドル)
ドクターヘリ 4億~7億円 

出典
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7233/hara.html
http://www.itca.co.jp/PDF/20100927seminar.pdf

https://www.youtube.com/watch?v=y-rEI4bezWc

 - 科学技術

Sponsored Link

  関連記事

関連記事はありませんでした